チューインガム(グリーンガムの素敵な想い)

 50インチテレビをプレゼントしてもらったら、本当に嬉しいです!

チューインガムの始まりは中央アメリカ

 中央アメリカに住んでいたアステカ族やマヤ族のような先住民族はサポジラやエゾマツの樹液のかたまりを噛む習慣を持っていた。両文明が滅びた後もこの習慣はメキシコインディオに受け継がれ、さらにスペイン系移民にも広まったとされるが、これより以前にヨーロッパでも弾力性のある物質を噛む風習があったという説もある。
最初のガムは味がなく、パラフィンでできていた。1848年、アメリカ合衆国でジョン・カーティスが「メイン州純正スプールガム」というパラフィンガムを発売した。
1860 年頃、スペイン軍の将軍サンタ・アナ (Santa Anna) が当初別の目的でチクルを利用しようとしたが、これはうまくいかなかった。しかし、チクルには噛むと歯が白くなるという効能があることを発見したため、チクルをあめ玉状にして売り出した[3]。このころはまだ味はついていなかった。将軍の支援者であったアメリカ人のトーマス・アダムスがチクルに甘味料を加え、「アダムス・ニューヨーク」というチクルガムを発売、人気を得て一気に普及した。
1869 年には、甘味料のほかに香料を加えた初の味つきガムをジョン・コルガンが発売した。 風船ガムは1880年代には存在した。最初の製造者はフランク・ヘンリーと伝えられる。 ガムの自動販売機は、アメリカでは19 世紀末には既に存在した。
日本には1916年(大正5年)に初めて輸入され、1928年(昭和3年)から日本国内でも生産されるようになった[3]。日本では、平安時代、6月 1日に餅などの固いものを食べ、健康と長寿を祈る「歯固め」の風習があったことから、日本チューインガム協会は1994年、同日をガムの日・チューインガムの日と設定した。
〜wiki〜

チューインガムの問題点

食べる人のマナーの問題であるが、味が無くなった食べかすをきちんと処理しない人が多い。公共施設の床面や大都市の歩道(特に不特定多数の人が行き交う鉄道駅のプラットホームや階段、通路など)によく付着しており、歩行中に捨てられたガムを踏んでしまう場合がある。醜いポイ捨てガムの除去には、各管理者が苦慮しており、また清掃コストもかかる。東京原宿表参道など、ガムバスターズなどのガムを除去するための機器を導入している所もある。また、髪の毛に付着してしまうと、剥がすのは困難だが、ポマードなど油を含んだ整髪料で取る方法が存在する。
このような問題があるため、日本ではガムの食べかすのポイ捨ては軽犯罪法違反である。
シンガポールではガムを所持すること自体が禁止されている。旅行者もガムの持ち込みができない。しかし2007 年より、キシリトールなどが配合されていて、健康のためとされ得るガムについては解禁された。しかし、あくまで健康のためという理由なので薬局でしか販売されていない。
なお服に付着したガムは、氷などで冷やして固くしたあとに剥がし取ることが最も簡単な方法である。またガムは、油や溶剤に溶けやすいためベンジン・灯油などを用いる場合があるが、汚いシミになるため家庭では用いてはならない。

グリーンガム検定

 Yahoo!JAPANでは、みんなの検定で“ガム”に関する検定が載っている。
 「ガム」に検定なんてあるのか?と疑問を持つ方も少なくないでしょうが、実は存在しています。
 ユニークな発想と思いますが、世の中いろいろな検定やら試験があります。
 たとえば、「運行管理者試験」。この試験は自動車運送事業における運行管理者の資格試験で、公益財団法人「運行管理者試験センター」が実施しています。
 平成25年3月3日に実施した貨物の受験者は22792人で合格者は5535人。同じく旅客の受験者は全国で5327人で合格者が1100人。
 いずれも合格率にして20%台前半という、かなり難しい試験です。
 では、どうやって勉強すればいいのかというと、法規関連を徹底して勉強するのが近道ではないかと思われます。法規といっても幅広く感じますが、要は過去問題を解いて、どの辺が重要なのかを把握するのが大切なんです。
 出題傾向を見極めれば、合格する可能性はグンと高まります。
 ユニークな勉強法としては、スマホやCDで音声による過去問題の解説を聞くという方法があります。これなら、車内で昼食をとっているときに勉強することも可能で、考えた方は素晴らしいアイデアですね。

サイト内カテゴリ

無題ドキュメント