iPhone用のアプリ

 50インチテレビをプレゼントしてもらったら、本当に嬉しいです!

iPhoneは道具として活用するのがいい

 スマートフォンを次々と送り出す携帯電話会社ですが、やはりスマートフォンといえばiPhoneでしょう。iPhoneは電話としての機能よりも、豊富に揃っているアプリをダウンロードして、自分なりの道具、つまりアイテムとして活用されている方が大半ではないでしょうか?
 スケジュール帳として活用したり、株式相場を覗いたり、iTuneで音楽を沢山ダウンロードしてミュージックを楽しんだり、iPhoneでFXをしたりと、使い方はさまざま。
 おそらく、他人と同じアプリだけで構成されたアイフォーンはなく、まさに自分オリジナルのアイテムへと進化していきます。
 そのiPhoneを抜かそうと、アンドロイドを搭載した携帯電話が出始めていますが、どこまでシェアを奪えるか気になるところ。アンドロイド対応のFX業者なんてのもまだ少ないですし、そもそもアプリの数が違いすぎるのが気になります。
 誰でも持っているのがイヤだ!なんて理由でもないかぎり、スマートフォンを欲しいならiPhoneを選択するのが失敗の無い買い物といえるのでは?

アンドロイドについて

 米グーグル社(Google Inc.)が無償で誰にでも提供すると発表後、2008年10月からは対応する携帯電話が多数販売されている。
またアプリケーションポータルであるandroidマーケットが提供され、2010年2月時点で有料、無料含め2万を超えるアプリケーションが提供されている。
類似のものとして、米マイクロソフト社のWindows Mobileやフィンランドのノキア社(旧シンビアン社)のSymbian OS、米クアルコム社のBREWおよびBrew MPなどがある。
〜wikiより〜
 雑誌でもアンドロイドとアイフォーンの違いを取上げられていますが、操作性はアンドロイドもいいみたいですね。
 スマートフォン業界の活性化によって、もっと高度なアプリが出てくるのかもしれません。

サイト内カテゴリ