キシリトールについて

 50インチテレビをプレゼントしてもらったら、本当に嬉しいです!

キシリトールという名の甘味料

キシリトールガム ボトルタイプ

 キシリトールは口腔内の細菌による酸の産生がほとんどないことから非う蝕性甘味料として知られる。1976年にSheininらがフィンランドで行った実験をはじめとして、う蝕予防効果があることが証明されている。しかし、キシリトール配合のガムなどによってう蝕が治るということはないとされている。現在の所、キシリトールの再石灰化促進作用は証明されておらず、疑問視されているためである。現状では非う蝕原性であるが抗う蝕性であるとは言えない
イヌに対してはインスリン過剰分泌を引き起こし、肝障害や低血糖発作を引き起こすことが知られているのでペットを飼っている人は注意が必要。

キシリトールで下痢を招く恐れも

キシリトールは他の糖アルコールの大部分と同様、弱い下剤の働きをする。毒性は特に無いとされる。
主にガムなどでキシリトール配合による虫歯予防を謳っている製品があるが虫歯予防にはガムに含まれているキシリトール:炭水化物の比率が90%以上でなければ酸を生成する糖、人工甘味料の配分量からキシリトールの本来の効果は期待できない。一例を挙げれば歯科専売のキシリトールガムは100%〜90%となっているがスーパーマーケットやコンビニエンスストアで市販されているキシリトールガムは一部を除いて70〜30%が主である。
〜wiki〜

サイト内カテゴリ